Out of blue

t o k y o s a l t

CD
画像の説明

今だに輝き続ける岡村靖幸の魅力とは。 2017ツアー"romance"ZeppTokyo

岡村靖幸ツアー2017

 ZeppTokyo2列目。幕が上がってから怒涛3時間。

やっぱりかっこいい。それに尽きる。

受験前、最後のライブ。いつも通り家に帰り、ゆったり余韻に浸る。そして今日はちょっとだけ酔っ払った気持ちで岡村ちゃんのことを書いてみることにする。

 

 

 

 「カルアミルク」「イケナイコトカイ」

邦楽でこの種のバラードをやる人は後にも先にも岡村靖幸だけだろう。

あなたが住んでるマンション

床にはたぶんバーボンソーダグラス

抱きしめてよ 今もしも叶うなら

裸でまだいましょ

週刊誌は僕らのことを知らない

お願いだよ 僕だけの人になってよ

  

何回聞いても痺れる。このフレーズを聞いた時の衝撃は今でも忘れられない。私小説的な世界観の音楽にセクシャルな要素をガッチリはめていく。鮮やかな青春の一ページを切り取ったようなこの歌詞は僕をメロメロにして行った。

 

これらの曲はライブだと音源の数十倍の効力を発揮する。岡村靖幸のライブは音源より遥かに最高なんだ。50代になってもバリバリ現役の最高にかっこいダンス、顔で演奏してると言わんばかりの表現力、それらは観客を痺れさせる。

 

 

昔の曲をいろんなアプローチの仕方でアレンジする岡村靖幸。今回は特に凄かった。「Out of blue」のアレンジには脱帽。ライブの最後にやるのが鉄板だったが今回は中盤で登場。驚きだ。岡村靖幸の曲が世に初めて出た曲がこのOutOfBlueなわけだが、いつ聞いても新しい。87年発売とは思えぬ楽曲。こんな個性的すぎるアーティストが80年代に突然姿を現すなんて誰も思わなかっただろう。まさにOutOfBlue(もちろんこのブログのタイトルはこの曲の影響をモロに受けてつけたわけなんだが。)

 

 

 だいすき

この曲も最高。サビのフォルセットの部分とか凄いキモい。いい意味で。岡村靖幸の楽曲はキモい。でもそれがマジでかっこいい。キモいは彼にとって褒め言葉かもしれない。

正統と異端。現代社会では後者にスポットライトが当たることはそうそうない。マイノリティーはいつだって排されがちなんだ。でも音楽や芸術では違う。異端こそが才能なんだ。

岡村靖幸の音楽はまさにそれかもしれない。普遍と呼ばれる人があの歌やあの動きをやるとしたらまさにキモいとしか言われないところ、岡村靖幸がやるとかっこよくなるんだ。かっこよすぎる。本当に。


岡村靖幸 だいすき

ほらかっこいいだろ?。

 

 

真夜中のサイクリング


岡村靖幸 - 真夜中のサイクリング

この曲なんてまさにそうかもしれない。最後のサビ前は違和感を感じるメロディだが岡村靖幸がやるとかっこいい。説明のつかない良さ。-いつもマーガリン潰してる-とか謎の歌詞も謎のまま。でも謎に心にフィットするこの感覚が心地よい。細胞にまで染み渡っていく。何回も何回も聞いてしまう。2000年発売。20世紀のレクイエムのようにも聞こえてくる。

 

 

 

ツアータイトルROMANSEに因んで、一幕目の最後の曲は「supergirl

 

「本当の dance chance romanceは自分しだいだぜ」

岡村靖幸は歌う。

彼の個性的すぎる才能やナルシズム的な性格は少なからず僕に影響を与えている。

コモディティに溢れ飽和状態になった現代で個性やアイデンティティーを大切にする。この考え方は現代思考すぎかもしれないが常に僕の核にある。だからやりたいことはやり通したい。じゃないと何の為に受験生やってるのかわからなくなるじゃんか。

「ベイベー 今いい時代でしょ 絡まってる心に勝つには新時代思想」と岡村靖幸は歌っている。

 

愛を求め追い続ける孤高なアーティスト岡村靖幸。彼がずっと輝き続けられる所以は何だろうか。誰か教えてくれ。バブルを知らない僕が岡村靖幸の曲を聴くとノスタルジックな感覚になるのは何故だ。でも彼の音楽は80年代を揶揄してるようにも聞こえる。プリンスから影響を受けた彼の音楽は当時日本ではあまり受け入れられなかった。岡村靖幸に時代が追いつけてなかったというべきか。本当に凄いカリスマ性。

僕はそのカリスマ性をずっと見ていたい。天才岡村靖幸は僕の高校生活の中で最も影響を与えた人物の1人だと言える。今だに光り続ける色気ある天才はいろんなアプローチの仕方を持ち合わせていた。説明のつかない良さに溢れていたスプリングツアーromance。今日はその余韻を噛み締めて寝る。おやすみー。

 

 

 

おっかー

高校生です。ここまで読んでくれてありがとうございます!

言葉を文字にするが好きで始めました。映画はデビットフィンチャーの作品が好きです。この間曲をリリースしました!ぜひ聴いてみてください。

afterblunts (feat. たかはしけいすけ) - Single

afterblunts (feat. たかはしけいすけ) - Single

  • okkaaa
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200